加古川の税理士法人水埜会計事務所です。

加古川市を中心に、税理士業を営む
税理士法人水埜会計事務所です。

月次試算表作成を中心に企業の税金と会計の相談に応じます。

企業の税金対策については、日頃の利益管理が大切です。
決算日を過ぎてからでは、必要な対策は何もできません。
月次試算表を早期に作成することが、決算数値の予測精度を高めることにもつながります。

個人と法人とを含めて最もお金が残る方法はどれか?をテーマに日夜業務に取り組んでおります。

税理士にこんな事を聞いてみたい、こんな事をしてほしいなど、どうぞ御気軽にお問い合わせ下さい。

事務所通信

みずの図書館を開設しました

新年あけましておめでとうございます。
このたび、事務所2階のセミナールームに本棚を設置し、「みずの図書館」を開設しました。時代物、歴史物、ミステリーといろんなジャンルの文庫本を用意しています。貸し出しも行っていますので、興味のある方は立ち寄られた際にお声かけください。自分が読んできた中で、良かったものだけを並べているつもりです。面白い本の情報を交換できればと考えています。

月次決算について

我々の業務の基本は、正確な会計帳簿を作成することにあります。月々の損益を明らかにし、その結果となる原因を探り、今後の改善策を考えるために月次で試算表を作成します。決算が近くなれば、月次の試算表を基に損益予測を立てます。申告で納税する税金の予測値が出ます。利益が出ている場合には、将来に備えて課税の繰り延べを選択したほうが有利になる場合もあるでしょうし、必要な消耗品を早期に購入しておいたほうがよい場合もあるでしょう。決算までにするべきことを考えるためにも、日頃の月次決算が必要となります。

営業CF

CFとは、キャッシュフローを略した言葉です。簡単に言うとお金の流れのことです。営業でお金をなんぼ稼いだのかを示すのが、営業CFです。一番簡単な算定方法は、損益計算書の当期純利益に減価償却費をプラスした金額です。減価償却費は、資金の支払いがない経費ですのでその分お金は減っていないはずだからです。売上高が増えていても営業CFが減っていては意味がありません。営業CFで稼いだ資金が返済の原資になります。単純に言うと、年間の返済額が、営業CFを超えている場合には新たな資金調達が必要となります。